03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

PR

Categories

オススメ一覧

Google AdSense

最新コメント

カウンター

Victory の極めるネトゲブログ

日本や海外のオンラインゲームのレビューやオススメのオンラインゲームについてのブログになります。

最新記事一覧

05/22 (Thu)   [Blade&Soul][lol]ブレソがひどいらしい
04/24 (Thu)   [Blade&Soul]ブレソが日本上陸のようで
10/27 (Sun)   [LOL]プラチナになったので配信始めました。
09/25 (Wed)   [LOL]シーズン3 World Championship トーナメント開始。準々決勝の結果とその試合結果。
09/25 (Wed)   [LOL]今週の無料チャンピオン(シーズン3:週34)[NA]

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

[KRITIKA]アクションを飛び越える!超アクションクリチカプレイ動画!!![EX2011]

ひさびさに楽しそうなMORPGだ。この作品は私も非常に期待しているので是非みてほしい!!!
この作品は韓国でCBTが始まったら必ずプレイしたい作品でもある。
この手の爽快感はMMORPGでは味わうことはできないだろう。


ハンゲームEX 2011の行事を通じて、新しいアクションゲームが公開された。 2005年ルーニーああ、電気を使ってアクションMORPGジャンルを披露した開発会社。 オルエムウイ新作は、本物の痛快アクションゲームを標榜するチョエクションRPG クリチカ だ。

カートゥーンのグラフィックに披露するアクションMORPGクリチカは、個性あふれる魅力的なエニメイションシクキャラクターが登場し、華麗な技術と必殺技で熱くして、迅速なアクションを披露するという計画。 オルエムエソ独自開発のグラフィックスエンジンとして開発され、ローエンドでも、快適なプレイが可能だ。

また、インスタントゲーム(Instant Game Play)を志向しており、いつでも気軽にゲームに接続して、短い時間でもゲームを楽しむことができ、骨髄のアクションゲームはもちろん、ライトユーザーにも簡単に近付く予定だという。

クリチカは、今年の下半期にCBTを予定しており、2012年上半期にオープンβを目標に開発が進められている。


[オルエムウイ新作アクションRPG、クリチカのプレゼンテーションのビデオ]


[ホットで痛快に! クリチカ広報ビデオ]

引用元:inven
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

[KRITIKA] アクションを超える超アクション、クリチカ[EX2011]

*一部読み取りにくい部分がありますがご了承ください。
ハンゲームEX 2011の行事を通じて、新しいアクションゲームが公開された。 2005年ルーニー、電気を使ってアクションMORPGジャンルを披露した開発会社。 新作は、本物の痛快アクションゲームを標榜する超アクションRPG クリチカ だ。

カートゥーンのグラフィックに披露するアクションMORPGクリチカは、個性あふれる魅力的なアニメイションキャラクターが登場し、華麗な技術と必殺技で熱くして、迅速なアクションを披露するという計画。 独自開発のグラフィックスエンジンとして開発され、ローエンドでも、快適なプレイが可能だ。

また、インスタントゲーム(Instant Game Play)を志向しており、いつでも気軽にゲームに接続して、短い時間でもゲームを楽しむことができ、骨髄のアクションゲームはもちろん、ライトユーザーにも簡単に近付く予定だという。

クリチカは、今年の下半期にCBTを予定しており、2012年上半期にオープンβを目標に開発が進められている。
201105131211271481.jpg

*以下Read moreをクリックすることで続きがみれます。
-- 続きを読む
tb: 0 |  cm: 0
go page top

[KRITIKA]アクションで、世界征服? クリチカ発売元インタビュー[EX2011]

今回紹介するのはMORPGのクリチカだが、次の記事であげる動画を是非みてほしい。
見ていてとても爽快感のある作品になる。すぐにでもプレイしてみたい作品である!


ハンゲームEX 2011のイベントを介して公開された新しいアクションゲーム、 クリチカ 。

2005年のルーニー、電気を使ってアクションMORPGジャンルを披露したオルエムウン、今回の実質の痛快アクションゲームを標榜し、クリチカを出しておいた。

カートゥーンのグラフィックに披露するアクションMORPGクリチカは、個性あふれる魅力的なエニメイションシクキャラクターと、華麗な技術や必殺技を味わうことができると。

今年の下半期にCBTを予定しているクリチカのイジョンミョン代表、ギムヨウングク理事に会って、簡単なインタビューを進行した。

201105131212522059.jpg
▲ハンゲームEX 2011のイベントではスクリーンショットと動画が公開された。

=オートターゲティングである。 目的のモンスターを攻撃するのが難しいという欠点があるが。
キャラクターが見ている方向、スキルが出て行く方向など、ユーザー達のプレーのパターンを分析して適応しやすいようにした。

=ウィザードのキャラクターが登場するか? ウィザードのキャラクターの打撃感は、どのように解決したか?
いくつかのウィザードのキャラクターがありますが、これまで打撃感覚の悩みをたくさんしてきたし、ある程度の解決をしたので、それほど心配しない。

=アクションを強調したコミュニティ的なコンテンツはどんなものがあるのか​​。
それぞれの進行状況ごとに、ユーザーが目的のコンテンツを綿密に分析して適材適所に配置しようと努力中だ。 RPG的な要素もルーニーああ、電気の時より多く入れようとしている。

=プレイ動画をみると、アニメーションが切れる感じがあったが、開発進行中だそうなのか。
急いで制作をするためにエンコードの部分ではそのような点があったようだ。 実際のゲームでは当然の円滑なプレイが可能だ。
引用元:inven
tb: 0 |  cm: 0
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。