07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

PR

Categories

オススメ一覧

Google AdSense

最新コメント

カウンター

Victory の極めるネトゲブログ

日本や海外のオンラインゲームのレビューやオススメのオンラインゲームについてのブログになります。

最新記事一覧

05/22 (Thu)   [Blade&Soul][lol]ブレソがひどいらしい
04/24 (Thu)   [Blade&Soul]ブレソが日本上陸のようで
10/27 (Sun)   [LOL]プラチナになったので配信始めました。
09/25 (Wed)   [LOL]シーズン3 World Championship トーナメント開始。準々決勝の結果とその試合結果。
09/25 (Wed)   [LOL]今週の無料チャンピオン(シーズン3:週34)[NA]

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

[ニュース]進化する長寿ゲーム。オンラインゲームに寿命はない?

韓国オンラインゲーム市場は「新作の墓」と呼ばれる程新作タイトルの成功確率が低い。最近成功したタイトルを挙げるとしてもNHNで天文学的な資金を投入した『TERA』を除けば3.4年は過ぎた『ダンジョンアンドファイター』や『AION』がやっと成功した新作と言われる程だ。

1年間だけでも数十~数百ものゲームが発売される状況でこのように新作タイトルが成功を収めることができない理由はどこにあるのだろうか。専門家によって意見が違う部分もあるが、最も大きな理由として挙げられるのが市場が飽和状態であるということだ。過去のパッケージゲームは寿命が長くても1年程であり、新作が人気を得て行く好循環構造が維持されていた。しかし、オンラインゲームとなり状況は変わった。既存の取得権を掌握したゲームが高水準のアップグレードを着実に実施し人気を集め続けている為だ。

ニュース1

サービス11年目を迎える『リネージュ』はその代表的な例に選ばれている。NCソフトは『リネージュ』にUIアップデートを断行した。これは画面の解像度を800*600に拡大しさらに広い視野を提供して、基本型・戦闘型・パーティ型・チャット型の選択型UIオプションを追加するもの。

この様なNCソフトの機敏なアップデート及び努力によって『リネージュ』は『TERA』『ブレイドアンドソウル』『Arche Age』等大作MMORPGの相次ぐサービスの中でも強硬に売上上位圏を守っている。

ニュース2

サービス8年目を迎える『リネージュ2』も事情は似ている。『リネージュ2』は既存の20余の職業群をまた8つに統合して再調整を行う「破滅の女神」アップデートを2分期中に実施する計画だ。最近発表会場で見せた「破滅の女神」アップデートは、最新ゲームの『AION』と比較しても遜色ないほどのグラフィックを誇り、業界を驚かせ、またアップデートのニュースを聞いた休眠ユーザーが大勢集まってきているとの話だ。

この様な長寿タイトルの勢力拡大はNCソフトに限った話ではない。ネクソンの『メイプルストーリー』や『ダンジョンアンドファイター』も新キャラクターを追加するようなアップデートを行えば同時接続者数が急上昇することで有名だ。

『メイプルストーリー』は以前実施したカオスアップデート次に同時接続者数38万人を記録しており、最近ではスマートフォンやフェイスブック市場でも領域を拡大している。『ダンジョンアンドファイター』も冬休みのアップデートを通じて同時接続者数28万人を記録し、Xbox360へと領域を拡大し話題となっている。

ニュース3

上記引用元:SGAME

当然韓国で成功しなければ日本にも来ませんし、成功していないものが来たとしても日本で大きい反響を得ることもないですよね。
期待されている数が少なければ少ないほど、1つのものに期待してしまい、期待が大きくなると思います。
まさにTERAはそうです。
韓国で成功しているゲームがすくない現状、日本で成功してるゲームなんて数少ないですよね。
日本では多くの方がTERAに期待してると思います。
TERAをプレイしている韓国人の方に TERAをどう思うかと尋ねたところ、
韓国では新作であまり期待されているゲームがなくて、TERAの期待はすごかった。
TERAは楽しいが期待が大きすぎて、期待ほどではなかった。

と言っておりました。
しかしNHNは頻繁にアップデートして、ユーザーを逃がさないように努力していると思います。
TERAが日本に来るときには、日本の方が期待以上の出来!といえるゲームに仕上がっていてほしいですね。
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://vicvictory00.blog104.fc2.com/tb.php/148-33f806c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。