09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

PR

Categories

オススメ一覧

Google AdSense

最新コメント

カウンター

Victory の極めるネトゲブログ

日本や海外のオンラインゲームのレビューやオススメのオンラインゲームについてのブログになります。

最新記事一覧

05/22 (Thu)   [Blade&Soul][lol]ブレソがひどいらしい
04/24 (Thu)   [Blade&Soul]ブレソが日本上陸のようで
10/27 (Sun)   [LOL]プラチナになったので配信始めました。
09/25 (Wed)   [LOL]シーズン3 World Championship トーナメント開始。準々決勝の結果とその試合結果。
09/25 (Wed)   [LOL]今週の無料チャンピオン(シーズン3:週34)[NA]

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

[ArcheAge]アークエイジの戦場、インスタントダンジョン、冒険の醍醐味を第3次CBTに入れた。

*一部読み取りにくい部分がありますがご了承ください。
今回はインタビニューの記事となります。こちらはPart2となります。
気になる質問がいくつもあった。質問を見ているだけで楽しそうと思ってしまった。
是非アークエイジに興味がある方は見てほしい。


『風の国』『リネージュ』の開発によってMMORPGの道を提示したことがあるソンジェギョンXエルGames代表が新作MMORPG『あきエイジ』の3次非公開テスト(以下CBT)を、今月24日から6日間に進行する。

今回の3次CBTでは、インスタントダンジョン、戦場、冒険などの新規コンテンツが公開される計画で、12日の記者懇談会で会ったキムキョンテ企画チーム長とのインタビューを通じて、新たにビョンモドゥェル'アークエイジ』の姿を聴くことができる。

一方、事前に開かれたアニメパートのバクサンスン取締役とのインタビューでは、1、2次CBTで最も多くの指摘は受けた打撃感覚の部分の改善の方向が明らかになった。

a-ku4.jpg
*以下Readmeをクリックすることで続きがみれます。
☞インタビューパート1 - バクサンスン取締役
[ArcheAge]'アークエイジ'繊細な動きとリアルな打撃感に加え。

Q:3次CBTの目的は何ですか?
A:1、2番目のときは、新しいコンテンツを中心にお目見えみると準備が不十分な状態で、小規模なテストで行われていた。 3車は、より多くの方に説明するために準備した。 5000人のテスターを募集しており、進行がスムーズできなかった部分を解消するために気を使った。

今回のテストも、新しいコンテンツや方向性提案も欠かさないなかった。戦場、冒険、インスタントダンジョンなどの新しいコンテンツがお目見えする予定だ。この他にも多くのコンテンツを作ってヅギンが、まだサービスをするには無理があり、保留を選んだ。動画に登場するフックに乗ってダンジョン内を移動する部分は適用されなかった。

Q:裁判のシステムがホームページ改編と一緒に公開された。今回のテストで公開されているか?
A:当初の意図は、ユーザー同士の罪を作ったりもして、陪審員もいるなど、興味が中心の裁判過程を目指したが、まだコトシンマンいるだけで判断自体は、体験することができない。刑務所に入るとタルオクハルことができる程度に実装された。

Q:1、2次CBTを介して受信したフィードバックを使って何がダルラジョトナ?
A:キャラクターの特徴、アニメーション効果、打撃感が不足しているとの声をたくさん受けて、これを改善しようと努力した。しかし、『テラ』『ブレイドアンドソウル』など、アクション中心のゲームと比較して見たら苦しい面がある。 'あきエイジ』は、一般的な単一のターゲティング方式のMMORPGだからこそ、その中で多く好きになろうと努力した。追求するところが違うという点を考慮してほしい。

Q:他人の家の前の木を植えて家の外に出ないようにするための問題もあった。ユーザー間の相互作用には制限が必要ではないか?
A:現在の状態でこれ以上の制限計画はない。家は決められた範囲内でのみにすることが可能で、木は石や道の上で、都市の中では植えることがないようにするほどでも大きな問題ではないものとみなす。道を防ぐ木のようなことは、他のユーザーが切ってしまうこともあるので、ユーザ間で分かって解決する問題だと考えられる。

Q:攻城戦のコンテンツが追加されるか?
A:(フィールドでの完全な)攻城戦は、一度に出てこない。代わりに攻城戦を体験できるように、戦場が追加される。城壁を壊したり攻城兵器を使用するなどの長所をインドンアンエソ体験できるように戦場を作成し、戦場でアイテムを食べることのために繰り返し作業は、別名土方を避けようとして戦場そのものだけでも、楽しみを感じることができるように努力した。

戦場自体を面白くするために、FPSジャンル(1人称シューティングゲーム)に注目した。多分それは戦場の中で、FPSゲームのような点を感じることもできる。特徴は、構造物が壊れているフィールドで使うことができなかったスキルが登場するものであり、多対多の戦いの概念伝達が目的である。 10:10の全長が構想され、今回のテストでは、実物大の1つ、インスタントダンジョンの1つを体験することができる。

Q:危険のコンテンツは何ですか?
A:クエストの動線は、レベルアップのための最適なファイルだけで、すべてのフィールドを使用しておらず、この書いていないフィールドの隅のコーナーに面白い要素を非表示に置いた。ヒントを提供し、普段は見ることができないが、特定の行為に反応して表示されるコンテンツは、モンスターなどがある。これを冒険という。 『ウルティマオンライン』の宝探しに似ている。

必ず必要ではありませんが、楽しむことができるコンテンツ、レベルアップに必要なコンテンツではない。単独で相対することができないモンスターを複数の人が集まって冒険をすると、既存の他の報酬を与える。それでも無条件に良いアイテムをくれて、強制性を著しくしない。特別なおもちゃとか家にだけ持って置くことができる特別な陶器、絵画などを報酬として構想している。

Q:既存のミニマップがなかった。代わりに道標、アシスタントの指導などで解決しようとしたが、自らの役割をすることができなかった。改善する考えは?
A:多く活用されていない。実際のバグもあった。結論的に失敗しており、ミニマップをいれてくれは、ユーザーの方々の意見を反映した。

3車では、これらの道案内の役割を強化した。クエストでも、詳細な道案内をしている。ユーザーが目的の位置を保存して飛んでいくものもある。テレポートのバインドとさせてただ、海上のコンテンツは、通信ポートのバインディングがない。

Q:インスタントダンジョンどのような形式ですか?
A:平凡である。 5人が入ることができ、難易度がいくつかあり、ボスがある。足を壊したり箱を爆発させるか、などの構造物を活用するということは、他のMMORPGで見てきたインドングァウイ差別化された点だ。インスタントダンジョンプレイ時間は30~40分で、初心者のユーザは、一時間程度かかることができる。 20レベルの頃に初めて体験することができる。

一方、戦場は15レベルから入場が可能であり、この程度のレベルは、一両日中に育成可能になると期待する。

Q:レベルアップは容易か?
A:第3次CBTの合計のオープン時間は約60時間である。レベル制限をゴルジンていませんが、モンスターが25レベル程度まで公開される。無難に到達する時間だと考える。前より充実したクエストの構成で容易にレベルアップが可能である。ハードコアに狩りだけして、レベル30まで上げることも可能なようだ。しかし、それを強要することはない。

Q:パーティープレーは、方式はどうなのか?他のゲームとの違いがあるのか​​?
A:5人の構成では、基本的なタンカー/ディーラー/ヒーラーの構成を大きく離れることはない。だからといって、特定のクラスが必要な場合もありますが、任意の方向ではない。

自己の持っている能力をどのように活用するかによって自由に展開形を追求する。しかし、これも20人以上のPVEコンテンツを消化するには無理があると思う。だから必ずキャラクターの能力だけにこだわるのではなく、周囲の環境を利用することも考慮する。

竜を捕まえるために最適化されたクラスを募集するのではなく、攻城兵器などのツールを利用することも検討している。今回の3次CBTで5人程度のパーティープレーでインスタントダンジョン、戦場、狩りを味わうことができるものとみなす。

Q:能力の組み合わせに応じて、特殊なスキルが起こることがありますか?
A:現在の仕事の構造でも同じ職業であっても、スキルを選択的に学ぶことができ、個性の異なるキャラクターが誕生する。この独自の道に十分な創造性を付与するものと考える。

もし、能力の組み合わせに応じて、特定のスキルを付与するときに、このスキルが強力であれば、この機能の組み合わせでソルリゲされるかもしれない。強力なスキルよりも大きな能力の差が見られない面白いスキルが起こるのはどうか検討している。

たとえば、酒飲みプロにお酒を頻繁に飲むのは、行動を入れたり、吟遊詩人は、歌を歌うたりする行為はどうかな?し、職業名と一致されている特徴を生かすのが『あきエイジ』を追求するゲーム性に合っていると考える。

Q:飛行船は何ですか?
A:定期的に区間を移動するための手段である。空を飛べばPVPに問題が生じることがあって公開するかどうかはまだ議論中である。高い地形で落ちて安全に着地するアイテムも同じ脈絡だ。

Q:戦闘システムが異なる部分があるか?
A:前に比べて、新しいスキルがたくさん追加されて整えられた。

Q:『海上戦で中身がない』という意見がある。海に出なければならない理由は、海のみで行うことができるのがあるのか​​?
A:ウォン台の大陸に行くなら一度は船に乗って行かなければならない。というユーザーが行動に制限を置くことを忘れないでい船に乗るようにしようとするものではない。ウォン大陸に一度行くときは船に乗って行くことができ、海だけはPVPに制限のない無法地帯のコンセプトを作りたいと思ったこともある。

海でしか捉えることができる大型モンスターは、潜水艦も考えてみたこともある。深海都市も考えてみた。あるいは船を利用したインスタント戦場も構想している。それとも自分の船を持つこと自体がロマンイルこともできる。

Q:海上貿易がゲーム内に含まれる予定ですか?
A:様々な悩みが、船を召喚して無効にする形となってみると物を乗せることは考えの中している。しかし、相手船に衝突する場合は、略奪されて材料費を得ることができるシステムが考慮されている。

Q:『海賊になる?海賊の具体的意味は?
A:同じ陣営の人を殺せば犯罪になる。これを複数回行うと、どちらの陣営にも属さないことができずに敵の扱いを受けるの海賊になる。海賊同士はもはや互いに殺しても罪は成立せず、また、この人たちだけ集まって住んでいる第3の勢力、地域が作成されることもある。

Q:製作や採集で変わった点は?
A:レシピや作りの機能的な部分の多く追加され、アイテムの体系や制作システム体験してみることができるだろう。盗品を通っても、経験値を得ることができ、大変ですが採集だけでマンレベル達成する可能性もある。

Q:ハウジング、家を建てるには、何を得ることができるか?
A:新大陸では、ハウジング領域と定められた地域があり、NPCに税を支払う。税の釘の内面撤去されることもある。ウォン台の陸は、ハウジング領域という制限はありますが、大きな領域を使うことができ、ユーザーが自分の領地の表示をすると、領地を占めるようになって、その地域に家を建てるには、領主に税を支払っている。

村の共同体同士で縛ってくれる部分も考慮した。自分の家で建てたの穀物は、本人ケンダたり、村の住民同士で摘んだりすることができるたりするなどだ。

Q:敵の家を壊すことはないのか?
A:そんなことはできない。しかし、税金をしない出して撤去されたり、攻城戦が行われるときに略奪することができるかのいずれかの要素が含まれている。これと関連して、ウェブ上で常に確認することができますインゲイムコンテンツとWebの互換性も考慮されている。

Q:攻城戦のコンテンツの報酬は何であるか。
A:私は、領地を持っているだけでお金にはならない。多くの人が来て、生きてくれなければ税金を歩くことができる。そのため、自発的に政治システムにも形成されるものと考える。

攻城戦の時間は、示されなければならないと思う。 24時間解放してくれれば状況がどう展開するのか予想するのは難しい。領地の人々に与えることができるものは何があるかもよく考えている。

Q:これまでの部分的なコンテンツゴンゲマンていた。完成形はいつ頃に会ってみることができますか? CBTは、いくつかの車まで進める予定ですか?
A:開発スケジュールに応じて異なりますが、1~2回はもっと必要ではないかと考える。

クエスト、レベルアップ、アイテムなどの一般的なゲームを楽しむためのプロセスを補強すればもっと早く出てくることができる。しかし、『あきエイジ』で、どのような楽しさを感じることができるか、どのように楽しむべきかどうかを知らせることがより重要だと思う。現在でも、コンテンツの構成やクエストの配置などは前に比べてたくさん増えており、その中で、ゲームの特徴がどのようによく出てくるのかを最も心配している。

Q:OBTの時点はいつ頃に持っているのか?
今年中に予想したが、定かではありません。
引用元:gamechosun
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://vicvictory00.blog104.fc2.com/tb.php/231-28cc2dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。